自作パソコンとBTOパソコンの違い

ゲーミングPCは、PCショップでBTOパソコンを購入するか、パーツを個別に購入し、自分で組み立てる自作パソコンのどちらかになります。

自作パソコンには、パーツ選びやパーツ同士の相性、組み立てに専門的な知識が必要な為、初心者がゲーミングPCを自作するのはハードルが結構高いです。

自作パソコンの楽しみは、パーツ選びと組み立て作業が楽しみのMAXで、組み立てた後の楽しみは少ないです。
一方のBTOパソコンは、オンラインゲームをプレイしている間が楽しみのMAXです。

最初のゲーミングPCを、自作orBTO迷っている方は、BTOの方をおすすめします。
ゲーミングPCの自作をしたい人は、2台目以降にした方がいいです。

@Sycom(サイコム) は、PCケースや電源、マザーボードといったパーツまで型番で選択でき、自作パソコンに近い形なのでおすすめのショップです。
@Sycom(サイコム) はこちら

自作パソコンのメリットとデメリット

自作パソコンのメリット

・自分だけのオリジナルパソコンを組み立てる事ができる。
・自分好みのPCパーツを搭載できる
・パソコンの知識が自然に身につく
・パーツ選びと組み立てるのが楽しい

自作パソコンのデメリット

・パーツの初期不良の場合を除き故障時のパソコン保証がない
・パソコンが故障時に自分で故障部位を切り分ける必要がある
・知識が無いと組み立てられない
・組み立てるのに手間と時間がかかる

BTOパソコンのメリットとデメリット

BTOパソコンのメリット

・自作より安く購入できる場合がある
・簡単なパーツ選びだけで希望にあった性能にできる
・パソコンの知識がほとんど無くても購入できる
・パソコン本体の保証サービスがある
・納期の早いものであれば2~3日で届く

BTOパソコンのデメリット

・品質が劣るパーツや在庫処分のパーツが搭載される可能性がある
・搭載するPCパーツをすべては選択できない
・自作パソコンより価格が高い