ゲーミングPCのデスクトップ型とノート型

一般的なパソコンと同じく、ゲーミングPCにもデスクトップノートの2種類のタイプがあります。

デスクトップかノートか選択が必要ですが、コストパフォーマンスが良く、高性能で拡張性が高いデスクトップの方がゲーミングPCとしてはおすすめです。

ゲーミングPCと言えばデスクトップが主流ですが、ノートパソコン用のCPUやGPUの性能向上と小型化・省電力化により、ノートタイプでもオンラインゲームを十分に遊べるスペックになってきました。

昔と比べてモデル数が増えてきて、ゲーミングノートPCを選ぶ人が増えています。

デスクトップとノートの特徴を簡単に比較説明するので、パソコンのタイプ選びの参考にして下さい。

デスクトップPCとノートPCの特徴を比較

  デスクトップPC ノートPC
見た目
価格(コスト) 安い 高い
性能(パフォーマンス) 高い やや低い
モデル数 多い 少ない
拡張性 高い 低い
設置スペース 大きい 小さい

デスクトップPCタイプの特徴

基本的に、デスクトップの方がコストパフォーマンスが良く高性能なので、ゲーミングPCとしては人気です。

デスクトップ用のグラボやCPUの種類が豊富なので、販売しているモデル数が充実しており、自分好みの性能のパソコンを選ぶ事ができます。

デスクトップは拡張性が高く、PCパーツの交換がしやすいので、古くなったCPUやグラボを最新にアップグレードすれば、最新のゲームにも対応可能です。

ゲーミングPCを初めて購入するのであれば、デスクトップPCタイプを推奨します。

ノートPCタイプの特徴

ノートは、デスクトップと比較すると価格が高くコストパフォーマンスが悪いです。
さらに、ノートは拡張性が低いので、グラボやCPUを交換してアップグレードするのが難しいです。

ノートPCの長所としては、デスクトップと比べて本体がコンパクトなので設置スペースが小さく、置き場所のスペース確保に困らず邪魔にならない事です。

デスクトップは、液晶モニターとキーボード、本体用の設置スペースがある程度必要になります。

狭いワンルームの部屋にデスクトップを置くと、本体と液晶モニターが結構場所をとり邪魔になります。

その点、ノートPCは液晶とキーボードは一体型で、設置スペースが小さくて済み、使わない時は収納できるので、部屋にパソコンを置くスペースが無い人に向いています。
ゲーミングノートPCの選び方