ゲーミングキーボードの選び方

キーボードは、マウスと同じくゲーム中に頻繁に操作する周辺機器なので、性能が高く使いやすいものを選びましょう。

FPSやMMORPGユーザー必見の、ゲーミングキーボード選びに関係する情報ついて解説します。

キー配列

キーボードのキー配列には、大きく分け「英語配列」「日本語配列」の2種類があります。
2つの違いは、キーの数と「かな」の刻印です。

キー配列は、使い慣れている日本語配列がおすすめです。

キータッチ

キータッチとは、キーを押した時の感触の事で、キーボードの使いやすさに関わる重要な要素です。

キーには、押し始めてから信号が発生するまでにわずかなズレがあり、自分の感覚に合うキーボードを選ぶとストレスを感じにくいです。

キータッチに大きく影響するのがキー構造の仕組みで、「メンブレン方式」「メカニカル方式」「静電容量無接点方式」の3種類があります。

メンブレンが低価格キーボードに最も採用され一般的で、メカニカル方式と静電容量無接点方式が高性能なゲーミングキーボードに採用されています。

メンブレン方式
メンブレン方式は、お椀上の凸凹がついたゴムシートの反発でキーを動かす仕組みで、キーを押し込んだ時にペコペコした反発があり、感触がやわらかいです。
コストが安く、低価格なキーボードに多く採用されており、耐久性は低いです。
メカニカル方式
メカニカル方式は、キーが中にあるスプリングの反発によって支えられており、 キーの軸が板バネを横に押し動かすことでスイッチをON・OFFする構造です。

スプリングが底を打つ時に「カチッ」という独特の感触が特徴です。
金属製の為に、耐久性が高く高価ですが、ゲーミングキーボードに多く採用されています。

最もメジャーなチェリー製MXスイッチには、茶、黒、白、青、赤の軸の種類があり、それぞれスプリングの硬さやスイッチの形状が異なります。

FPSユーザーには、『茶軸』『赤軸』『青軸』がよく選ばれます。

茶軸:スタンダードで軽めのタッチ感。
黒軸:スイッチ感は無くスムーズなクリック感。
白軸:茶軸を重くした感じ。
青軸:茶軸にカッチンと明確なスイッチ感を加えた感じ。
赤軸:スイッチ感はなく黒軸を軽くした感じ。
静電容量無接点方式
静電容量無接点方式は、高額キーボードに採用されている仕組みで、静電容量でスイッチをON・OFFする構造です。

キーを押し込んだ際の底打ち感は、スイッチそのものではなくスプリングが底を打つもので、カツンと爽やかな感触です。

マクロの登録機能

マクロの登録機能は、MMORPG系のゲームなどで使用すると便利な機能で、ゲーミングキーボードの多くに搭載されています。

マクロキーは、キーボードの上部や左右に配置され、魔法やスキル発動のショートカットなど、ゲーム内でよく使う操作を予め設定しておけば、マクロキーを押すだけで簡単に魔法やスキル発動ができます。

同時認識キー数

同時認識キー数の機能は、主にFPSゲームに関係する機能です。

FPSゲームでは、複雑な操作が必要になる場面があり、4~5キーの同時押し機能が必要になります。

一般的に4~5キーの同時押しに対応していれば十分ですが、安心感を求めてそれ以上の同時押しに対応したゲーミングキーボードを求める人もいます。
おすすめゲーミングキーボード