激安ゲーミングPCを購入する方法

ゲーミングPCは、各PCパーツに高性能を求めれば高額になりがちですが、必要最低限にスペックを落としたエントリモデルならば、8万円程度で購入できます。

さらに探せば7万円以下の激安モデルが見つかりますが、すごく安いモデルは故障しやすく、あまりおすすめしません。

価格の安さだけでなく、性能とのバランスをみて、コストパフォーマンスが良いものを購入するのが大切です。

激安ゲーミングPCでおすすめなのが、『マウスコンピューター(G-Tune)』『ドスパラ』『パソコン工房』です。
その中でも『G-Tune』が一番コスパが良いと評判です。

まずはゲーミングPCの相場を知ることが大切で、ショップをこまめに訪問して希望スペックの相場を知っておいて下さい。

スペックを必要最低限にしぼる

まずはプレイするゲームの推奨スペックをホームページで確認し、推奨スペックを満たす最低限の構成にしぼり込む事で、購入費用を抑えられます。

重要なグラフィックボードだけはある程度良い物を選択し、ゲームに関係ないスペックはできるだけ落として下さい。

CPUなんかはi5シリーズでも、ほとんどのゲームが問題なく動作するので、費用を下げたい人にはおすすめです。

但し、電源ユニットだけは品質が劣ると、パソコン自体の動作や故障率に影響するので、ある程度良いものを選んで下さい。

セール時を狙う

BTOパソコンショップでは、1年の間にセールを数回行っているので、セール時を狙えば激安なゲーミングPCが見つかります。

主なセール開催時期は、年末年始夏・冬のボーナス時期、あとは2月の決算セールがあります。

急ぎじゃない方は、セール時期まで待って購入するのがおすすめです。

円高の時に購入する

PCパーツの多くは海外メーカー製を使用している為、仕入れコストに為替相場が影響します。

円安になると仕入れコスト上がり、パソコン価格も上昇します。
逆に円高になると仕入れコストが下がるので、パソコン価格が下がります。

よって、円高のときは通常よりも安くゲーミングPCを購入できます。
為替相場が落ち着いているときは特に気にする必要は無いですが、超円安のときは為替が円高に戻るまで待ったほうがいいかもしれません。