価格帯から選ぶ

ゲーミングPCの価格は、搭載するPCパーツによって、激安モデルでは8万円以下、超高額なハイスペックモデルになれば20万円以上と、価格帯に幅があります。

ちなみに、売れ筋モデルの相場価格は12~15万円(液晶ディスプレイ別)で、これくらいのゲーミングPCを購入すれば、ほとんどのゲームが問題なく遊べます。

エントリーモデル

価格 10万円以下
CPU Core i5シリーズ
グラフィック 一世代前のグラボ

エントリーモデルと呼ばれる入門者向けのゲーミングPCは、PCゲームをする最低限のスペックで、10万円以下で購入できますが、FPSなどの負荷が高いゲームになると、動作が多少快適とは言えません。

CPUは、Core i7は価格が高いので、Core i5を選べば予算を抑えられます。

グラフィックボードはひとつ前の世代になりますが、負荷が高くないゲームなら問題なく遊べます。

ミドルモデル

価格 10~15万円
CPU Core i7シリーズ or Core i5シリーズ
グラフィック 最新ミドルクラス以上

購入予算12~15万円のゲーミングPCは、最も購入者が多く、売れ筋の価格帯です。

グラフィックボードは最新のミドルクラス以上、CPUは性能の高いCore i7シリーズが搭載されています。
予算があれば、起動ストレージにSSDを追加すれば、起動やゲーム中の読み込み時間が劇的に短くなります。

ミドルクラスは、FPSなど負荷が高いゲームでも、快適に遊ぶことができるのでおすすめです。

ハイスペックモデル

価格 20万円以上
CPU Core i7シリーズ
グラフィック 最上位クラス or 2枚挿し

20万円以上の購入予算があれば、負荷が高いゲームでも超快適動作で遊べる、最強ゲーミングPCを選べます。

グラフィックボードは、最新世代の最上位クラスもしくは、グラボを2枚挿しするSLI構成も選択可能です。
多画面ディスプレイでゲームをする人は、SLI構成を選ぶと動作が安定します。

起動ストレージのSSD化だけでなく、水冷システムなど付加パーツにもお金をかけることができます。